なんだって前もって一度やった事があれば
いろいろとすんなりわかる事も多いと思いますが
『歳を取る』というのは誰でも初めての経験です

心はいつも仔犬のまんま
飛んだり跳ねたりしているけれど
関節や心臓がどーのこーのなもんで
パソコンに向かっているとやって来て
「はい、マッサージどうぞ!」

どうぞどうぞ

ソファに座るとサッとやって来て
「はい、マッサージどうぞ!」

どうぞどうぞ

頭から尻尾に向かってさすりさすり
お尻とフトモモをさすりさすり
マッサージというほどのもんでもないけど
さすられるだけでいい気持ちなんでしょう

どうぞってば

中断して写真撮るとじっと見てます

生きていくって毎日が新しい旅です
大人の階段上る君はまだシンデラレラさモモ



◆◆◆◆

地震と津波から1年経ちました
困難の真っ只中にいる人の暮らしはちっとも良くなってない
国のやり方もだめだし
東京電力の対応もまったくお粗末
原発はどうしようもない状態
でも
その原発のおかげで24時間当たり前のように
電気バンバン使いっぱなし
便利なのが当たり前になってしまった国民も同じ
わたしも同罪です

原子力発電がいったいどういうものか知らないで
その恩恵を受けてきました

原発ってどれほど大変なモノなのか
わかりやすく書いてあるページです

『原発がどんなものか知ってほしい』
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about
筆者は平井憲夫さん
原子力発電1級プラント配管技能士
原発作りのプロです

(抜粋です)

原発がどんなものか知ってほしい(16)
平井憲夫

廃炉も解体も出来ない原発

 1966年に、日本で初めてイギリスから輸入した16万KWの営業用原子炉が茨城県の東海村で稼動しました。
その後はアメリカから輸入した原発で、途中で自前で造るようになりましたが、今では、この狭い日本に135万KWというような巨大な原発を含めて51の原発が運転されています。

 具体的な廃炉・解体や廃棄物のことなど考えないままに動かし始めた原発ですが、厚い鉄でできた原子炉も大量の放射能をあびるとボロボロになるんです。
だから、最初、耐用年数は十年だと言っていて、10年で廃炉、解体する予定でいました。
しかし、1981年に10年たった東京電力の福島原発の一号機で、当初考えていたような廃炉・解体が全然出来ないことが分かりました。
このことは国会でも原子炉は核反応に耐えられないと、問題になりました。

 この時、私も加わってこの原子炉の廃炉、解体についてどうするか、毎日のように、ああでもない、こうでもないと検討をしたのですが、放射能だらけの原発を無理やりに廃炉、解体しようとしても、造るときの何倍ものお金がかかることや、どうしても大量の被曝が避けられないことなど、どうしようもないことが分かったのです。
原子炉のすぐ下の方では、決められた線量を守ろうとすると、たった10数秒くらいしかいられないんですから。

 机の上では、何でもできますが、実際には人の手でやらなければならないのですから、とんでもない被曝を伴うわけです。
ですから、放射能がゼロにならないと、何にもできないのです。
放射能がある限り廃炉、解体は不可能なのです。
人間にできなければロボットでという人もいます。
でも、研究はしていますが、ロボットが放射能で狂ってしまって使えないのです。

 結局、福島の原発では、廃炉にすることができないというので、原発を売り込んだアメリカのメーカーが自分の国から作業者を送り込み、日本では到底考えられない程の大量の被曝をさせて、原子炉の修理をしたのです。
今でもその原発は動いています。

 最初に耐用年数が10年といわれていた原発が、もう30年近く動いています。
そんな原発が11もある。
くたびれてヨタヨタになっても動かし続けていて、私は心配でたまりません。

 また、神奈川県の川崎にある武蔵工大の原子炉はたった100KWの研究炉ですが、これも放射能漏れを起こして止まっています。
机上の計算では、修理に20億円、廃炉にするには60億円もかかるそうですが、大学の年間予算に相当するお金をかけても廃炉にはできないのです。
まず停止して放射能がなくなるまで管理するしかないのです。

 それが100万KWというような大きな原発ですと、本当にどうしようもありません。

◆◆◆◆


原子力発電の停止を求める署名活動も行われています
『原発 停止』
『さよなら 原発』
などで検索するといっぱい出てきます
よければぜひ

参考HP グリーン・アクション


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

Comment


うちのパピしゃんも
首から背中はモミモミのマッサージで
足はナデナデのマッサージをしています
シニア犬にはこまめなスキンシップが
必要なのかも
パピしゃんもやめると抗議します(笑)

関西にも敦賀原発・美浜 原発があります
「もんじゅ」なんてもう最低
数年前にかる~い観光のつもりで
美浜原発へは見学にまで
行きました
それがこんなことになるやなんて
勉強不足が悔やまれます

年を取ると、
人もワンコもあっちこっちに故障が発生します。
人としては初めての体験で、
聞いてはいたけど、
これはしんどいな~と思うばかりです。
ワンコは、実家のノヴァばあちゃん(17才)が、
犬のおばあちゃんの現実を
いろいろと教えてくれます。

電気の恩恵は、私ももちろん受けています。
止まれば、生産活動が止まって、
生活基盤がなくなります。
でも、もう原発は入りません。
処分できないものを
作ったり使ったりしてはだめ。
でも、勉強不足で、
止めた先が、よく見えない。
勉強せねばです。

しおこさんへ
そうだよね、自分に置き換えても歳をとっても
何一つ変わってない。
体は老いていくのにね。
これずいぶん前に読んだことあります。
自然に帰らない物は便利でも使ってはいけないって
事ですよね。
原発が動いてる限り、被爆は免れないですよね。
食べなきゃ死んじゃうしね。
本当に便利と引換えに人間は大切な命を削っているんですよね。
コロリさん達の母上さま
パピちゃんも愛の母心マッサージですか(=´▽`=)
気持ち良さそうにされている顔をみると
いくらでもやってあげたくなりますね~。

敦賀、とか美浜、とか
名前を聞いただけでも美しい自然を思い浮かべる場所に・・・
高速増殖炉もんじゅですね?
福岡市の隣の玄海町の原発はプルサーマルやってます。
でも詳しくはなんだかよくわかってないです。
よくわかってないうちにどんどん進んで、
こんなことになってるって恐ろしい事です。
市ちゃんのカアチャンさま
先輩はいろいろと知恵を授けてくれますが、
実際自分の身に起こらないとわかりませんね~。
若白髪とか、若老眼とか・・・。

ノヴァばあちゃん(=´▽`=)
セブンティーンですね~。
元気で長生きしてね♪

世界中のとっても頭のいい人たちが集まって作ったのに、
人間の手に余っている、扱いかねているものは、
とても『道具』とは呼べないと思います。
でもそれを容認してきた私たちにも責任はあると思います。
何十億、何百億かけたら、
循環可能な代替エネルギーの開発もできると思います。
日本の頭脳とテクノロジーにがんばってほしいです。
ミルパパママさま
頭の中身は永遠に25歳なんですけどね~(爆)
体は毎日こき使っているから、
メンテナンスが必要になるんですね。

手に余って扱いかねる物は使っちゃだめですよね?
幼稚園児にチェーンソーで工作させてるようなものです。
人生半分以上過ぎた人は累積被爆しても仕方ないとしても、
赤ちゃんや子供、これからお母さんになる人は、
心配でたまらないと思います。
これまでやってきたことをやめて、
違う方向に転換するのは大変な事だと思いますが、
いまやらなくちゃいけないと思います。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL