上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking
油断するととけそうになるくらい、まいにち暑いですね。
去年もこんなに暑かったっけ。
(同じようなことを去年もおととしも書いたような気がする・・・)

我が家の毛だらけのお嬢さんは、家中のちょっとでも涼しい場所を探しては
だら~ん
行き倒れております。

少し前に動物病院に行き、待合室で他のワンちゃんの飼い主さんたちとお話をしました。
「今から暑くなりますよね~」
「自分が家にいるときは風を入れてエアコンつけないのに・・・」
「犬だけ留守番させるときは、1日エアコンつけっぱなしですからね」
「もし何かがあってエアコンが止まったら、と思うと心配で、窓もちょっと開けるんです」
「そうそう、そしたらダンナから"バカじゃないの?"って言われる」

いろんな犬種、大きさ、年齢、それぞれでしたがみんな愛されてかわいがられているなあ。
幸せなワンちゃんはみんな毛並みがツヤっとしていて、表情が明るいです。

朝の散歩の時間も、少しずつ早くなっていき、いま6時頃には行くようにしています。
夫が。
ときどきワタシも早起きして一緒に行きますが、お散歩のときに会うワンちゃんたちも、みなさん早い時間にシフトしていて、やっぱり愛されているのね、と思います。

このクソ暑い昼日中、とっても素敵な夏のドレスを着て、ミュール履いて傘さして、
犬のお散歩している人を見かけます。
夏の日中、海でも高原でもない街の中に犬を連れ出そうと思いつく人に、
「おやめなさい」
といっても8割方
「なんで???」
と言われるんでしょう。

どっかの物書きの人が、ダックスフントの子犬を飼ったらリビングで2回もうんちをしてオシッコまでしたので人にあげちゃった、そのあとすぐチワワの兄弟を飼ったけどそれも飼いきれなくてすぐ人にあげた、とか書いているのを読んで、つくづく人種が違うな~と悲しかったことを思い出しました。

人の、種類が、違うんです。

知り合いが、動物を人間の都合で飼ったり捨てたり、やけどするような時間に歩かせたり、大きな幹線道路沿いの家なのに放し飼いしたりする人だったとき、ワタシはこう思うからやめたほうがいいと、はっきり言って、考え方が相容れないようだったら、その人とは個人的なおつきあいをやめます。
大人なので、社会的なおつきあいをやめることが難しいこともあるけれど、できる限り距離をおくようにします。
そんな人とは友達なんかじゃないもん!

でも、知らない人、通りすがりの人でそういう人がいたときは困ります。
先日、もう薄暗くなった時間にモモの散歩(夕方の部)をしているとき、ダックスフンドを2匹散歩している男の人がいました。
暑いのにスーツ着たままお散歩する姿に、
「帰ってきてスグ慌てて散歩に行くなんて、犬好きなんだな~」
とのん気に考えていると、そのワンちゃんのうちの1匹がモモに
「ワンワンワンワン!」
と元気よく吠えたので、そそくさと立ち去ろうとしたとき、
ボコッ!キャン!
・・・
薄暗かったので目では確認してはいませんが、
蹴ったよね!?
いま、蹴ったよね!?
キャンって言ったよね!

ぱっと見には普通の、自動車販売店とか住宅メーカーの展示場とかにいたら感じ良さそうに見える人なのに、自分の体重の10分の1もないような生き物を蹴っ飛ばすことができるなんて、とガクゼンとしました。

犬や猫を飼おう、と思ったとき、もしもそのときひとり暮らしでなく、家族がいるのなら、その一緒に住む人も自分と同じような気持で動物に接することができるか、考えてから決めたほうがいいと思う。
違う考えの人をつれあいに選んだのなら、動物を飼うのはあきらめたほうがいいと思う。
どうしても何がなんでも動物を飼いたいのなら、相手の頭の中を変えるか、他の人に代えるかしてからのほうがいいと思う。
極端かもしれないけれど、ワタシはそう思います。



さて、話かわりまして我が家のお姫様。
さすがに暑くなったので、エアコンのスイッチをオン。
ぴしっ
まってたのよーん


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

Comment


しおこさんへ
本当ですよね。
自分より弱い者を苛める、喋れない動物を苛める事は
当然いけません!
まあ、そんな人とは一緒に住まないと思いますが、無知って怖いと思いますよね。
きっと自分がアスファルトを裸足で歩かないと何故?かという事に
気づかないのでしょうね。
普通考えれば判ると思うのですが・・・。

ボコッ!キャン!の光景私も見たことあります。
小型犬を連れた若い夫婦でした。
夫の方が蹴ったんだけど奥さんは平気だったから
同じ種類の人同士が結婚してるんだな~って。

もしエアコン止まってたらって、私もいつも心配で。
急いで汗びっしょりで帰って、
ソフィーがひんやりした部屋の中にいるとほんとホッとします。(笑)
コメントありがとうございます
ミルパパママさま
知らないが故の暴力ですよね。
ワンちゃんにとっては、蹴られたりするのと同じことです。
犬だからいいや、って思っているのかもしれません。
そういう人に片っ端から説教するわけにはいきませんからね~。

マルコさま
うーん、どういうつもりでその夫婦は犬を飼うことにしたのでしょうね。
捨てないでちゃんと散歩も行っている、のレベルなんでしょうね。
でも、その家に子供が生まれたら、とか想像しちゃいます。
おおこわ。

ソフィーちゃんも幸せですね~。
マルコさんはそんなソフィーちゃんのために額に汗して毎日働いているんですよね。

自分が思っている常識が
実は他人には通用しなかった・・・なんていう
ショックってありますよね。
物言えぬ動物に暴力を振るうのはもちろん
かわいがってるふりして、う○ちそのままとか
うちの子は~と言いながらノーリードとか。。。
以前、蘭のお散歩をしている時
前からすごい勢いでオスの柴犬が走ってきました(もちろんノーリード)
その時は主人がいたので、蘭を守ってもらいましたが
後からノコノコやってきた飼い主が
「おーおーメスか?ラッキーだなーのっかれー!」
などと言いながら、笑って見てるんです。
うちの犬はメスなので。。。と半分怒って言うと
「何だよ。たかが犬くらいの事で。もったいつけんな!」
みたいな事をぶつぶつ言いながら去っていきました。
追っかけていって一発ぶん殴ってやろう!!!
という私を、主人がやめとけと言って制止しましたけど。
ワンコの幸せは、私の幸せでもあります。
みんながそう思ってくれればいいんですけどね・・・

お久しぶりです^^

私も家にいる時はエアコンつけずに頑張ってますが
クズルが留守番の時はエアコンつけて・・・
なので最近は出かける準備してても
全然知らん顔されます・・・(悲)
早くエアコンつけて出かけろよ!って目してます^^;

しかし、そのもの書きの方?
よくもま~そんな事堂々と書けますよね!
考えられません・・・。恐ろしいです・・・

我が家はご存じのとおりワンコのいる所はエアコンがあって人間は修行のように暑いリビングで頑張ってます。
そうそう、私も昼間のくそ暑いなか、自転車でワンコの散歩をしてるおっさんを見て目が点になりました。
私にはソノワンコがやつれてるようにしか見えませんでした・・・
拷問?
いろんな人がいますよね。
同じ気持ちです。
しおこさんこんにちは^^☆
先日はコメントいただきありがとうございました^^
とても嬉しかったです☆

しおこさんの記事を読み、『あ・・・私も同じ気持ちだ』と思いました。

動物を愛する人、愛しているフリをしている人、愛さない人・・・
人の種類が違いますよね。

今の世の中、人間は両極端だと思います。
本当に動物を大事にしている方は、まるでガラスを扱うように抱きしめます。
でもそれとは真逆に蹴る・殴る・放置する・・・
一言で言えば『最低』と言われる人間も数え切れないほどいます。

どうしてなのでしょうか?こんなに愛しい存在なのに・・・
『苦手だから飼えない』と言って、始めから飼おうとしない人はまだ良いと思います。
なのに、『なんとなく飼えそうだっただから』とか『ただ飼ってみたかったけど』とかいう軽い気持ちで動物の命を守れるわけもなく、そういう考えの人は必ず命を粗末に扱います。
その子には、その子の最期まで、あなたしかいないということを知ってほしいです。
どうかどうか、命を軽んじる時代は終わりますように。

しおこさんの記事、素晴らしいと思います。
しおこさんのような考えの方が増えれば絶対に動物は幸せになります。
その強い気持ちをずっと持ち続けているしおこさんを尊敬します。

しおこさんの娘になったモモちゃん、とても幸せだろうな、と思いますよ^^
コメントありがとうございます
蘭ママさま
置き去りフンはホント許せません。
でも、その柴犬の飼い主は何を考えているんでしょうね。
本人はヘンタイですね、絶対ヘンタイだ。
わかるわかる、ワタシもぶん殴るかもしれない。
もしワタシが傷害事件を起こすとしたら、犬猫がらみかもしれない、と思いました。
蘭ママさんも見かけによらずけんかっ早いんですね。
意外~!

クズル母さま
お久しぶりです!
クズルさんも夏は留守番天国ですね。
でも本音は「出掛けないでいっしょにいようよ~」なんでしょうね。

その作家の人は、瑞々しい感性とか感受性が売りの女子に人気の作家で一時ブームにもなりました。
でもその話を読んでからはなんだかすべてが嘘っぱちに思えてしまい、読む気がなくなりました。
やっぱり人柄も作品ですよね~。

グレース@ママさま
エアコン~(笑)
ワンちゃんは毛が生えているから暑さに耐えられないけれど、人間は、脱げば良いんですよね(>m<)
炎天下に自転車で犬の運動??
ドイツだったら虐待で逮捕です。
そういう飼い主の家に来てしまったワンコは試練ですよね。
あほな飼い主が早死にして良いお家にもらわれて平穏な老後を送って欲しいものです。

きちべえさま
生き物に対してひどいことをする光景を目にすると「サイテー!ゆるせん!」と怒りが湧きます。
そういうひどい奴はボコボコにしたろか?
そう思うことも暴力的なんですけどね、人間にはいいのか?(笑)

でもとにかく、そういう人は種類が違うんです。
そういう生き物がいるなあ~と思うしかないと思います。
交尾の後にオスを食べちゃうクモとか、出会ったら100%殺しあうサソリとかのように、違う種類の生き物だと思っています。

犬猫を溺愛しているように見えて、霜降りのお肉しか食べさせないとか、お散歩は嫌がるのでいつも抱っこしてるとか、そういう方々も違う種類だな~と思います。
難しいですよね。
私もそう思います!
しおこさん、モモちゃん、こんばんは!
残暑お見舞い申し上げますv-22

ちょい久しぶりに遊びに来たのですが、しおこさんの文章が面白くてじっくり読んでました~ビシバシ!はっきり!で、気持ちいいです。で、ちょっと前の記事ですがこちらにコメントしますね♪

種類が違う、ほんとにそうですよね。
特別めちゃめちゃ可愛がらなくていいんです。自分より体がずっと小さくて、寿命もうんと短くて、純粋で人が大好きな動物と、ごくフツウに家族として毎日を一緒に過ごすことが無理なら、飼わんといてほしいです。(思わず大阪弁もでるっちゅーねん)

私も種類が違う人とは本当の仲良しにはなれないです。
いつか出逢うはず?の「つれあい」も、何はともあれそこだけは譲れない!と思います。
カオルさま
コメント&遊びに来てくださってありがとうございます

動物を家族として愛情を持てる人は、幸せだと思います。
それだけたくさんの愛を動物からもらえているのだから。
生き物を所有物としか扱えない人は、生き物から愛されたことがない、かわいそうな哀れな人だと思います。
動物と人との愛がわからない人は、人間同士の愛もうまくいかないのではないでしょうか。
そんな人には動物を飼わないで欲しい、と思いますが、もしかしたら本能的に愛情を求めているのかもしれませんね。本人も気付かない細胞レベルで。

カオルさんがいつか出逢う大切な人が、もしも始めは動物の愛を知らなくても、一緒にいることで、少しずつでも知っていって、犬のいない暮らしなんて考えられない、というまでになればいいですね~。

暑かったり涼しかったりしますので、どうぞご自愛ください。
フクちゃんにもよろしく。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。